おばあちゃんが洋服を捨てられない問題、伝えるべきことをちゃんと伝えないといつまでも片付かない

 
 
おばあちゃんで洋服や靴を捨てられない人は多いです。本当に多い。 
 
出張買取の仕事をしているのでよく出会います。 
 
そういったおばあちゃんにどの様なことを伝えたら捨てる決心が出てくるのかをお伝えします。

洋服や靴を捨てられないおばあちゃんに伝えるべきこと

リサイクルをして人に役立つことを伝える

洋服はリサイクルすることができます。 
 
おばあちゃんが住んでいる地域でも古着の回収の日があると思います。 
 
そういったところに持っていく方がいいってことをお伝えします。 
 
自分が着ていた服や靴、高いお金を出して買っていると思います。 
 
今みたいにファストファッションなんてものはなかった時代。 
 
僕も値段を聞くとびっくりします。たまに値札がついている服もあるのですが、桁が違うんじゃないかって思う。 

それだけのお金を出して買ったもの。一生懸命働いて買ったものもあるかもしれません。 
 
それを勝手に捨ててしまうと怒られます。もう触らせてもらえません。 
 
 
リサイクルをして有効活用ができるということを伝えたら分かってくれるおばあちゃんはいます。 



現実をはっきりと伝える

高く買ったものなんだから高く売れるって期待をしているおばあちゃんはいます。 
 
そういった場合は現実を伝えないとなかなか納得してくれません。 
 
淡い期待を潰す必要があります。そうしないといつまでも片付きません。 
 
今は洋服もとても安く手に入る。だから、中古では売れない場合も多い。 
 
時代が変わってしまうと流行も変わる。だから、昔の服は需要がない。 
 
そういったことを伝えたほうがいいです。 
 
  
それでも、聞いてくれない場合は一緒に洋服の買取店に数枚だけでいいので一緒に持っていくのがいいです。 

まったくお金にならないことを知ったらあきらめもつくと思います。 
 
 
僕も初めて洋服の買取店に数十枚持っていった時はびっくりしました。 
 
1枚1円で全部で15円くらいでしたからね。 
 
それからは洋服を見ても何も期待しない様になりました。

お金にできる方法もあるけど期待させてはいけない

おばあちゃんはテレビをよく見ている場合が多いので、メルカリを知っていたりします。 
 
それに出せば何でも売れるって思っていたりします。 
 
でも、そんなことはないってことも伝えないといけません。 
 
メルカリの画面を見せれば納得してくれると思います。 
 
洋服で、きれいでちゃんと写真も撮ってあるけど、数ヶ月も売れていない服があるはずです。 
 
それを見せるといいです。 
 
 
おばあちゃんの洋服をとりあえずメルカリに出している人もいるんじゃないでしょうか? 
 
 
あと、売るためには時間もかかるし、梱包材も必要。 
 
もしかしたらクレームも来るかもしれない。 
 
それはもう仕事だから、自分でやるんだったら覚悟が必要だし、誰かにやってもらうとしても、最低賃金くらいの時給は支払わないとやってもらうのも悪いってことは伝えたほうがいいです。



下に出すぎるのもよくない。たまにはガツンと!

僕は出張買取の仕事をやっておばあちゃんの印象が変わりました。 
 
いつも笑顔でニコニコと優しいのがおばあちゃんのイメージでした。 
 
でも、他人に向ける顔はわがまますぎる場合が多いです。 
 
たぶんですが、世の中がおばあちゃんに対して優しすぎるんだと思います。 
 
 
人間、優しくされすぎると勘違いして調子に乗る。 
 
 
洋服が大事なのは分かるけど、まったくもって価値がないし、家賃代を取っているだけ。 
 
モノのために無駄に家賃を払っている。 
 
それを片付ければ、もっと狭いところに住める。 
 
無駄なもの、価値のないものを片付けて引っ越しをした方がいい。 
 
そうすればお金が浮く。家族も助かる。 
  
そういったことを伝えないといつまで経っても片付けは進まないで余計なお金がかかってしまいます。 
 
 
引っ越しをしないとしても、片付けをさせられるのは家族です。 
 
少しずつでもいいので、進めていかないと大変なことになります。 
 
 
大変な娘さんをたくさん見ているので、なおさらそう思います。



最後に。

おばあちゃんの片付けってほんとう大変です。  
 
言ってもなかなか聞いてくれない。 
 
聞く耳を持たないで自分の考えで動こうとしている人も多い。 
 
それが周りの人にとって迷惑だってことをちゃんと伝えないと分かってくれません。 
 
 
介護の仕事をやっている人が、みんなお年寄りに優しすぎるのよって言っていったのを聞いたことがあります。 
 
若い人の方が自分のために働いてくれている人に対して感謝の気持ちを持っていたりします。 
 
仕事なんだからそれくらいしても当たり前、仕事はつらいもの。って言うのがおじいちゃん・おばあちゃんの価値観かもしれません。
  
 
世代が違うと通じない話も多いけど、片付けをちゃんとするという目的のために、こちらの価値観もちゃんと伝えるしかありません。 
 
なかなか言いづらいこともあるし、分かってもらえないこともあるけど、僕もがんばります!! 
 
 
ノーブランドの洋服を無料で処分・リサイクルする方法。おばあちゃんも感激!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました