美容家電ナノケアの梱包方法、ちょうどいい大きさのダンボールがないから工作した

 
 
美容家電ナノケアを梱包しました。最近の美容家電はすぐ売れる。そこまで高くはならないけど、あっという間に売れてくれています。 
 
今回はナノケアが売れて、そんなに高くなかったので、梱包が面倒だと思いながらもがんばりました。 
 
家電は封筒や袋に入れて送るわけにもいかないので、ダンボールを使っています。 
 
中が壊れることはめったにないけど、用心をしておいて損はないです。と言っても、最低限の梱包しかしていません。 
 
プチプチを使ったほうがいいという意見もあると思いますし、それが正論ですが、2・3枚のチラシや新聞紙で包んで、ビニールテープでぐるぐるに巻けば大丈夫です。 
 
今ままでその梱包で壊れたということもありません。クレームが来ることもありますが、それは自分のチェック不足と発送が遅れたことが原因です。  
  
郵便局に発送をしてもらっているのですが、ちゃんと送ってもらっています。これが違う配送会社だったらちゃんと梱包をしないといけない可能性もあります。 
 
ほんとうまったく荷物の扱い方が違うので、配送中に壊れてしまう可能性が高かったら配送会社を変えるべきです。そんなに梱包が弱いからと言って壊れるとは思えません。 
 
 
というわけで、今回は新聞紙にくるんで送りました。 
 
 
 
 
ちょうどいいダンボールが手に入らなかったので、工作しました。まずダンボールの下を止めてそこに入れてみます。 
 

 
 
そのあと、空白があるところを切って、商品の周りに空白がなくなる様にします。あとは適当に折り曲げたり余計なところを切れば梱包は完了します。 
 
 
 
 
 
商品とダンボールの間に空白がない方が壊れる可能性は低くなると思います。 
 
ダンボールもテープでぐるぐる巻きにして強くします。 
 
下が抜けるなんてこともあるので、そうはならない様にちゃんと止めます。テープは安いのでケチりません。どんどん使います。 
 
先月は30個も使ってしまいましたが、それでも3000円いかないくらいです。 
 
ガムテープは使いにくいので使ってません。封筒を止めるのならいいけど、ダンボールを止めるためには使いにくいですね。 
 

これからもテープをどんどん使って、それ以外のチラシやダンボールなどの梱包するためのものは無料で手に入れていこうと思います。

 
・ナノケアを出品するべきかどうかはわからない
 
今回のナノケアは100円で売れました。安い!!
 
古い美容家電なんてこんなものです。それをわざわざ出品して梱包して発送する必要があるのかは人それぞれだと思います。 
 
僕は荷物がたまりすぎて、捨てすぎるとマンションの管理人さんに怒られそうなので、とりあえずヤフオクに出す様にしています。 
 
もしかしたら、上がるかもしれません。それに何より売れるのは楽しいです。ウォッチリストの人が増えて、売れる空気になって、入札されて、そこからどんどん金額があがっていくのがおもしろいです。 
 
 
どんな商品がそうなるのかは分からないところもあります。とにかく出品して、あとはどうなるのかを見守る。その商品の市場価値をちゃんと知って、しっかりと値段を決めて高めで売るのもひとつの方法ですが、それをやると、なかなかものが減らないので、1円とか100円・1000円で出品して高くなるのを待っていることが多いです。 
 
高めに出して売れないと、再出品をしないといけません。それもまた面倒なので、売り切ってしまうほうが僕には向いていますね。 
 
 
・美容家電は売れやすいアイテムではある。 
 
ピンクでかわいい見た目のパナソニックの美容家電。すごい数が売れていると思います。でも、使わなくなる人も多いので、出品する人も多い。特にメルカリを一番やっているであろう20代・30代の女性が好む商品でもあって、中古での価値もどんどん下がっていってしまいます。 
 
出品する人が多いと、希少価値がなくなってしまって、高く売れなくなってくる。 
  
でも、確実に売れるものではあります。 
 
高く売るなら早く出品したほうがいいですね。きれいになるために買った商品だからなるべくつづけられた方がいいんだけど、買った時に満足してしまってつづかないこともあると思います。そういった時は、さっさと出品をした方がいい。高く売ったほうがいい。自分の過ちを認める勇気、大事です。
 
 
・最後に。 
 
今月もたくさん出品をしたので、梱包がたくさんです。大きなものは面倒なので、後回しにして、小さくて簡単なものをやりきることで、面倒なこともやらないといけない状態に持っていっています。たまに梱包がとても面倒になるけど、それをしないとお金を手に入れることはできません。とても地味な梱包ですが、モノをお金にする上で欠かせない行為です。もっと早く怒られない様に壊れない様に梱包をしていければと思います。さて、また梱包をしよう!
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました