着物を8787に売りたいおばあちゃん【ハナハナ?花花】 

着物を8787に売りたいおばあちゃん
  
おばあちゃんが着物を売りたいと言っていた。 
 
8787ってところが気になるんだってことでした。 
 
ハナハナ? 
 
花*花 
 


 
僕が思い出したのはこの曲でした。懐かしすぎる。もういつ聞いていたのか分からないくらいに懐かしい。
 
 
でも、あの芸能人がやっているところって言っていたので、そこで分かりました。 
 
 
坂上忍のところ、バイセルですね。
 
どうやらCMでそうやって電話番号を宣伝しているそうです。
 
これが電話番号、
 
0120-878787 
  

8787でハナハナってことなんですね。 
 
なるほど! 
 
とても覚えやすいすばらしい電話番号です。

8787のバイセルをずっと気にしているおばあちゃん

着物を売るところと言えば、おばあちゃんの中ではバイセルってなってしまっている様です。
 
よくチラシも見ますもんね。 
 
おばあちゃんの家に取っておいてありました。 
 
 
着物ってかさばるし、もう絶対に着ない。 
 
でも、捨てるのは忍びない。 
 
当時100万円以上したものもあるそうです。 
 
状態もよくて、1回しか着てないものも多い。 
 
そんなものをポイっとゴミ袋に入れて捨てられるわけがないですね。 
 
だから、着物の買取のことは気になっているし、電話番号まで覚えている。 
 
他にも宣伝しているところはあると思うけど、そこまで気にならないから、覚えてないんだろうな。 
 
 
坂上忍だから記憶に残っているかと思ったけど、そうでもないみたいですね。誰か分かってない人も多い。

8787のバイセルを使ったおばあちゃんの感想

数日後、気になっていたバイセルを使ったとおばあちゃんが言っていました。 
 
どうやら全部で1000円だったそうです。 
 
捨てるものがお金になったからよかったと言ってました。 
 
あと、値段のつかないものも持って行ってもらえたそうです。 
 
口コミで持って行ってもらえないというものも見たことがあったのでその辺りは違うのかもしれない。 
 
 
着物の買取をしながら、他のものもないかと聞かれて、宝石類も少し出したそうなので、それに気をよくして、持って行ってくれたのかもしれません。 
 
 
おばあちゃんの願いは捨てられないから、どこかで再利用してほしい
 
これだったので、全部持って行ってもらえてうれしそうでした。 
 
いくらになるのかよりも、そこなんですよね。 
 
この辺りは人によって価値観が変わって来ます。 

着物以外は売らない様にするのもいい

その場の雰囲気で売ってしまって後悔することもあると思います。 
 
だから、バイセルには着物以外のものは売らない様にするのもいい。 
 
着物は着物専門の買取業者。宝石は宝石専門の買取業者。 

そうやって専門性の高いところに持って行った方がいい場合も多いです。 
  
 
おばあちゃんはそんなことは知らないと思うので、付き添ってあげてもいいかもしれません。

着物は売りにくい

僕はヤフオクをやっているので、おばあちゃんの着物もヤフオクに出せたらよかったんだけど、とても面倒なので辞めました。 
 
何が何だかよく分かりません。どこのサイズを説明すればいいのか?素材はなんなのか?状態もいいとは思うけど、見逃してしまうこともありそうです。 
 
梱包の時は折りたたんでいいのかもよく分からない。 
 
折りたたまないんだとしたら、細長い段ボールが必要になる。それを探すのも大変です。 
 
もしも、着物の知識があって、オークションに出せるんだとしたら、それはとてもすばらしいことです。僕もお願いしたいくらいです。 
 
そんな会社ないんだろうか? 
 
あったらいいな。 
 
 
着物の買取業者もいくつかあるけど、バイセルで無難だとも、おばあちゃんの話を聞いていると思います。だって喜んでましたからね。 
 
もっと高く買い取ってくれるところもあるだろうけど、逆にもっとひどいところもあるって思います。 
  
 
着物の買取業者ではありませんが、金銀財宝を出せと怖い人が脅す場合もあるそうです。電話がかかってきて、なんでもいいからと言うので呼んだら、そうなってしまって嫌な思いをしたと言うことです。 
 
ただそういった業者は実態がどこか分からない業者です。いつでも逃げられる様に、つかまらな様にしている。 
 
それとは違って、大手で芸能人を使ってCMもしていて比較的信頼感のあるバイセルを選ぶのは妥当と言えば妥当ですね。 
 
チャーン店で食事をする様な安心感はあると思います。感動はありませんが。

最後に。

時代は変わり、今の時代、そんなに着物はいらない状況です。わざわざ時間をかけて着るのって面倒なことでしょう。 
 
そんな時間があるならスマホをいじって遊びたいことでしょう。動画を見たり、LINEしたり、ゲームをやったり、やることが多すぎる世の中です。
  
 
そういったこともあって、手間のかかるものは避けて行きたい人が多いはず。 
 
 
着物が高く売れないのはしょうがないかな。って思います。 
 
自分が持っているものの価値が安くてショックを受けるおばあちゃんも多いとは思うので、無理に売る必要もないのかな。 
 
形だけでもいいからもらってあげるのは優しさかもしれませんね。 
  
そんなことをバイセルを利用したおばあちゃんの話を聞いて思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました