ヤフオク!ガイドライン改定、出品者が瑕疵(かし)を隠すことに厳しくなる

 
ヤフオク!ガイドライン細則の改定予定がありました。
 
そこにはこう書いてありました。

ヤフオク!ガイドライン細則
A.出品者の禁止行為
(35)商品を受け取った落札者から当社に対し商品に関する瑕疵についての連絡がある取引を繰り返すこと

 
一体どういうこと?って思ったので調べてみました。 
 

ヤフオク!ガイドライン改定、出品者が瑕疵(かし)を隠すことに厳しくなる

瑕疵(かし)を隠して売っている出品者が増えすぎていそう

「瑕疵(かし)」 
 
規約にこんな言葉を使わないでほしいのですが、普通に使っている人がたくさんいるという現実にいろいろ調べて気づきました。
 
瑕疵とは、「きず。欠点。」だそうです。
ヤフオクで言うと、どうやら商品の不完全な部分を隠すこととして使われているみたいです。
  
  
例えば、本を出品するとしたら、書き込みがあるのにそれを隠して出品する。
この場合は、瑕疵になるみたいです。
 
動作確認済みと書いてあるのに、実際は動かないとか言うのも瑕疵です。
  
  
これ、僕もやったことがあります。
でも、悪意はありません。
 
普通に気づかないってことがあります。
 
僕は買取業者なのでたくさん出品しています。
 
チェックはしているつもりですが、それだけ出品していれば、間違いも起こります。
 
 
その場合はこちらでも確認をするということを伝えて商品をまずは返してもらいます。
そのあとに、返金をする様にしています。
 
まず返金をしてしまうと、商品が返ってこないことがあります。
そういったことを意図的に悪気があってやっている人もいると思います。 
 
 
ヤフオクもメルカリも基本的に落札者の人を疑いながらやっています。
 
会ってもいない人のことを信頼できません。
 




  
それで今回の規約ですが、そういったことがある時にヤフオクに連絡をする人が増えすぎたからできたんだと考えます。
 
落札者の人がヤフオクに連絡を繰り返してはいけないと出品者の規約に書いてあります。
 
 
一瞬、???となりました。
 
落札者の行動を制限しようとしているのに出品者側の規約っておかしいって思いました。
 
でも、考えてみたら、「もしもそういったことがあったら、悪いのは出品者ってことにするからね!」ってことなんだと思います。
 
  
だって、瑕疵があって、落札者がショックを受けて出品者に連絡をするんだけど、無視されているわけです。
それでどうしようもないから、ヤフオクに連絡をするわけです。
 
そんな連絡が来てもヤフオクはどうしようもありません。
 
それに対応しろというのなら、ヤフオクへの落札手数料とか30%とか40%になっちゃいそうです。

そこにかける人件費を確保する必要はヤフオクにはないです。
 
 
だから、落札者の人がヤフオクに連絡する必要がない様にちゃんと対応する様に出品者に言っている規約なんだと、僕は解釈しました。

間違っていたらごめんなさい。
  



瑕疵に厳しいヤフオクになる

なので、これからは、いや前からあったかもしれませんが、落札者のことを無視しているとアカウントが飛んでしまうかもしれません。
 
もしも、それで大丈夫だったら、非常に悪いをくらいつづけながら、壊れたものを壊れていない様にして売ることができます。
 
 
非常に悪いの評価が多い出品者は、そこのメッセージを読む限りはそういったことをしている様です。
 
 
「品物に不備があったのでメッセージを送りましたが返信がありませんでした。」
 
この様なことが書いてあることも多いです。
 
 
落札者は泣き寝入りするしかありません。
 
それが成り立ってしまうのもヤフオクです。 
 
そういった出品者には消えてもらうしかありません。
 
でも、消すことができたとしても、落札者にはお金は返られないと思います。
  
 
もうそれはしょうがないこととして捉えるしかないのがヤフオクです。
 
 
買う時はちゃんと評価を見て買わないと痛い目を見る可能性があります。
 
 
僕が好きなところでもあるんですが、ヤフオクって出品者と落札者がリアルのお店とかよりは対等な関係です。
 
お金を払ってくれる人が偉いという訳にもならないのがおもしろいところです。
 
それもあって、落札者もちゃんと出品者を見る目が必要です。
 
 
リアル店舗と違って、変なことがあったからと言ってツイッターでつぶやいてもあまりダメージは与えられません。
 
もう買ってしまったが最後みたいな所はあります。
 
それもあって、楽天市場やAmazonとかで中古を買う時よりは安く手に入るというのもあります。
 
 
安いということはそれなりにリスクはあるって思って買った方がいいです。

それくらいに構えておいた方が失敗も少なくなります。
 
 
僕は瑕疵を隠さないでさらけだす出品をこれからもやっていきます。
 



最後に。

もうヤフオクを始めてから15年以上は経っています。 

それでも、知らない言葉ってあるんですね。 
 
「瑕疵」 
 
読むこともできませんでした。
こういった言葉を普通に使っている人ってすごいなって思います。

タイトルとURLをコピーしました