女性の買い物は使うことが目的ではない場合も大いにある、最近は理解できる様になった

買取をしていると、タグつきの商品を持っている人が多いことに気づかされます。 
 
しかも、けっこう高い。 
 
なぜ着ないんだ? 
 
 
1000円とかではなくて、4000円とか1万円を超えているとか、普通にある。 
 
服が多いですね。  
 
ついつい買ってしまうんでしょうね。 
 
 
でも、買った本人はまったく後悔をしていない。 
 
というより、むしろうれしそうだ。 
 
 
「買ったけど着なかったんですよー」 
 
って、タグの値段を知りながらも笑顔で言っている。 
 
僕からしたらお金を捨てている様なものだって思ってました。  
 
買ったのに着ない、使わない。それって意味がない。 
 
買うためにかけた時間もお金も捨てている様なもの。 
 
 
そんなんだったら、おいしいものでも食べた方がいい。 
 
あとには何も残らないし、売ることもできないけど、そっちの方がいい思い出になる。 
 
そんなことを思ってたんですが、あまりに後悔のない人達を見ていて、ある結論にいたりました。 
 
 
それは、買うことで終わっていると言うこと。 
 
そう、食べることと同じ様な感じだと思う。 
 
 
食べたものを売ることはできない。 
 
おかずがとてもおいしいからって、一部だけ持って来て保管しておくこともない。 
 
せいぜい写真に撮ってあとから眺め返しておいしかった!って思うくらいです。あとは、人に見せて自慢するか、話をするか、SNSにあげていいね!をもらうか。 
 
 
たぶん、買っても使わないものてそんな感じなんです。 
 
買うことで目的は達成してしまっているんです。 
 
だから、満足度はかなり高い。 
 
  
買ったものを使わなかったら「なんで買ってしまったんだろう?」って僕は思うんだけど、そうではない人もいる。 
 
女性と男性の違いだろうか?  

人類を2つに分けるのは嫌いだけどそんな気はしている。 
 
 
そういった買い物の形もあるってことを分かってないと、ケンカになる。奥さんが高い服やバッグを買ってほとんど使ってなかったとして、それがもしも自分のお金だとしたら、キレて怒ってしまうかもしれない。 
 
 
でも、キャバクラに行ったみたいなものだと考えて欲しいです。 
 
 
あれだって一瞬でちやほやされてあとには何も残らない。 
 
お店を調べて、誰を指名するか考えたり、仲間と一緒に盛り上がったりする過程が楽しかったりする。
 
  
買い物も店員さんがちやほやしてくれたり、何を買おうか悩んだりしている時がきっと楽しんだろう。だから、もうそれで満たされている。 
 
買取に出したら、かなり安い金額になってしまうけど、それでもしょうがないって思えている。 
 
 
買うことで終わる。 
 
そんな買い物の仕方もあるってことを学びました。 
 
 
世の中いろんな人がいます。 

自分と全く違った価値観で理解できない行動をする人がいても、反射的に拒否するのではなくて、何でそんなことをするのかは立ち止まって考えたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました