ジモティーは外国人が多い【今回はキャリーバッグを無料出品】


 
ジモティーってものすごく外国人の方が使っているんですね。
こんなに多くてびっくりです。 
   
3回連続外国人。 
 
品物はキャリーバッグ。
 
日本人はいらないのだろうか?
 




ジモティーは外国人が多い【今回はキャリーバッグを無料出品】

キャリーバッグが大人気

なんでこんなに外国人にキャリーバッグが人気あるんでしょう。 
  
ヤフオクとかに出しても1円でも売れないからジモティーで無料出品しています。 
 
そうすると、だいたい当日のうちに5人くらいは欲しいと言ってくれます。 
 
連絡も早いです。
こんなに日本のジモティーと言うアプリを使いこなす外国人の方すごい。 
 
日本語もちゃんとしています。
安心です。 
 

ただひとつ嫌なのが数日後がいいと言われることです。
すぐに動くという文化がないのかもしれません。
待たせてはいけないみたいなのは日本人独特かも。 
 
だから、すぐに処分はできないけど、今のところドタキャンもないので、安心はしています。 
  



名前がちゃんと外国人

外国人かどうかは名前ですぐ分かります。 
 
だいたい最初の投稿分は定型文を送ってきてくれます。 
そのあとは、普通にメッセージのやり取りとなります。 
 
 
希望の日付をまずはこちらから聞いています。
最初に候補日を書いてくれていれば、その人に決めるのですが、そういった人はいません。 

これは外国人に限らず、日本人もそうですね。 
 
無料で出品している方からすると、なるべく無駄なメッセージのやり取りはなくしたいです。 
 
そして、早く取りに来てくれる人に渡したいです。 
 
さすがに今から行きます!というのは困りますが、当日の夜だったり次の日だったら、もう即その人に決定です。 
 
買取金額を書いてくれる人もいるけど、ちょっと僕は怖いです。 
  

そこまで考えなくても数打てばもらえるというのもあるとは思いますが、少し工夫すればすぐにもらえるのになとは思います。 
  
 
キャリーバッグを渡す時に面倒だったのは、飛行機に持ち込めるかと聞かれることです。 
 
乗ったことないので分かりません。 
 
それに僕の言うことを信じて、もしも飛行機に持ち込めなかったらどうするんだろう?
苦情のメッセージが来るのだろうか? 
 
そういったリスクもあるので、もちろん他の人にしました。 
  



粗大ごみに出すより楽なジモティー

ちょっとジモティーをサボっていたので不用品がたまってきてしまいました。 
 
まとめて粗大ごみに出すのも面倒です。
僕としてはジモティーの方が楽です。 
 
 
1日1個と決めて今は頑張っています。 

そうなんですよね。
1日1個でいいんですよね。 
 
年間平日だけやるだけでも300は超すと思います。
そんなに不用品はないですからね。 
 
 
コツコツとやることのすごさ。
そして、ついつい貯めてしまう愚かさ。
 
その両方を味わっているところです。 
 
 
ヤフオクやメルカリの出品も1日1時間でもやることができたらすごいですよね。
そうやってコツコツをやればお金は増えます。 
 
でも、やっぱりこれも面倒になる。
結果が分かっているのに、何でなんだろう??? 
 
ほんとう駄目人間。 
 
 
このブログだって1日1時間でも書いていけば1年も経てばいい感じになっている可能性があります。
 
こればっかりはどうか分からないけど、書く価値はあります。
でも、ちゃんとやることができない僕です。 
 
 
ほんとうその辺りのことをちゃんとコツコツとやって、積み上げていきたいです。 
  



ジモティーの無料出品はとっても簡単

ジモティーの出品は無料のものだったらとても簡単です。
無料というパワーで人がやってきます。 
 
タイトルも説明文もある程度は適当で大丈夫です。
写真も雑です。 
 
 
もらう方はそこまで気にしていません。 
 
無料でどうぞ!って書いてあるとついつい見ちゃいますもんね。
ジモティーを使うと無料ってすごすぎるってよく思います。  
 

それにしても、外国人にまで広まっているんですね。
どこでどうやって知って使ってみようと思うんだろう? 
 
僕が外国に行ってジモティーみたいなものがあっても怖くて使えません。 
 
 
この前なんて女性の人がバイクでキャリーバッグを取りに来ました。
かっこよかったです。
  
次はどんな人が来るのか楽しみです。 
スムーズに取引が進むことを願います。  
 
  
これからも不用品をためすぎない様にジモティーはこまめに使っていきます。 
   



最後に。

大きなものは、粗大ごみ代がかかるので捨てたくありません。
指定された日付に出さないといけないのも面倒です。 
 
そもそも、もったいないので、誰かに使って欲しいです。 
  
その願いを叶えてくれるのがジモティーです。 
すごいサービスだなって思います。 
  
 
これからもどんどん使っていきます。
 
捨てるしかないキャリーバッグが喜んで持っていってもらえるのはとてもありがたいことです。
一体、どこの国に行くんだろう?

コメント