早いということには価値がありすぎる。

 
早く売れると楽しいです。
それができるのはヤフオクです。  

あまり何も考えないで1万円とか1000円スタートで出品すれば、そこそこの値段で止まります。 
 
一番高く売れている人が1万円くらいの商品だとしても7000円・8000円くらいで売れで売れてしまうと思います。 
 
でも、それでいいです。 
 
だって、1万円で売ろうとしたらなかなか売れません。
売れた時の喜びはものすごいものだけど、そんなことをしていたらなかなかものがなくなりません。 

お金が手に入るのも遅くなります。
そして、どんどん古くなります。 
 
そうすると相場が下がってくるので結局売れるのは7000円とかになっちゃいます。 
 
 
高く売れているところは、その値段で売るために何ヶ月待ったのか分かりません。
たまたまタイミングがよかったのかもしれません。 
 
 
撮影機材を用意してちゃんと照明を当てて何十万円もするカメラで撮影をして、商品説明文もしっかり書いているから高く売れたのかも。

そんな大変なことをするよりは、もっと気軽に撮影して、商品説明文も2行くらいで終わらせて売る方が僕は好きです。
 
そっちの方が売れる喜びがたくさん味わえます。 

 
あと買った人も「安く買えた!」って気持ちが大きいので、そこまでクレームになることもありません。
  
 
あと、どんどんそこそこの値段で売っていった方が楽しくて長続きします。
高く売ろうとして疲れてすぐに辞めた人よりは結果的に稼ぎ出す額は大きいってことになります。 
 
 
どうしても高く売ろうと思ってしまうけど、そこそこの値段で早く売るという手も大ありです!
それを忘れなければ気が楽になって、楽しく売るってことをつづけていけます!