出張買取の査定場所はマンションのロビーや玄関先のこともある 

 
ほぼ毎日出張買取をしています。 

今回は、マンションのロビーで査定をしました。 
 
 
 
不信感があるからここになったというよりは、引っ越し中だったからこうなりました。  
引越し当日に僕はお伺いしました。 
 
午前中でした。8時頃です。
 
その時に、引っ越し業者さんも来ていて、荷物を運び続けていました。 
 
そんな中、部屋で査定していたら邪魔です。  
 
 
だから、マンションのロビーを使わせてもらいました。 
 
管理人みたいな人がいましたが、大丈夫でした。 
 
 
日曜日の朝早くだったので、まだ人通りは激しくなかったです。 
 
最初は部屋まで行って、査定品を持って下に降りて、1人査定をしていました。 
 
 
1人で集中して査定できるのもそれはそれでいいものというか、とても新鮮でした。 
 
だいたい、お客さんと話しながら査定をします。 
 
査定品についての話が自然とでてきます。 
  

そうやって話を聞きながら査定をするのは楽しいです。 
 
でも、その分時間はかかったりもする。 
 
 
1人で査定をするとあっという間に終わりました。 
 
ドレスがたくさんあったり、ギターがあったり、サマンサベガのバッグがあったりしました。
  
 
こうやって、引っ越しの最終日に買取業者を呼んで、持って行ってもらえるのはとてもいいことだと思います。 
 

ただ、買取ができないものは持って行ってもらえないことも多いです。
 
僕もそういったことをやることがあります。 
 
今回は売れそうなものばかりだったし、かなり厳選してもらっていたと思うので、よかったですが、断られることもある。 
 
 
そうしたら、処理先がないと大変なことになる。 
 
引越し業者に追加で持って行って欲しいと言ってもお金がかかるだろうし、無理かもしれない。 
  

今回のお客さんは、買取できないものは引っ越し業者が処分をできる様でした。 
 
こちらも安心して査定ができました。 
 
 
今までで、一番大変そうだったのは、引っ越す前の日くらいに僕(買取業者)と、処分業者を呼んでいた人です。 
 
処分業者がありえない金額を提示してきていて、断っていました。 

僕もありえないと思いました。引っ越しまで時間がないと言うことで攻めた金額の提示だったことでしょう。 
 
 
そのあと、どうしたのかは知りませんが、こういったこともあるんだなって思いました。 
 
買取業者も処分業者にも、持って行ってもらえると思いこんでいると、痛い目を見ることがあります。 
 
そこは確認しておいた方がいいです。
 
 
処分業者に頼む場合は、事前に見積もりだけお願いして、引っ越す日に取りに来てもらえる様に契約をすればいいと思います。
 
ただ、処分業者は高いので、粗大ゴミに捨てられるものは捨てることをオススメします。 
 
売れるものは売って、処分できるものは処分して、スッキリした状態で引っ越しをしましょう。


TOPページはこちら